sek plus+

保存食系ブログ

KEEPERS LIVE

今週のお題「ハロウィン」 ハロウィンといえば、マイケル・キスク、カイ・ハンセン!の世代です。 HELLOWEENのライブ・アルバムの企画物に「KEEPERS LIVE」というのがあるのですが、あれの、How Many Tearsの導入、猫踏んじゃったのギタープレイ今聴いても最…

猫が風呂場の窓を破って入ってきた

実家の勝手口のドアをあけると猫がいる。 白よりももう少し薄汚れた感じの猫。 ふと見ると風呂場の窓を破ってというか、こじ開けて家の中にはいってくる。 風呂場から台所の勝手口まで家の中をたったったーと走ってきて、また外にでる。 よくみてみると、地…

ペルソナ5 2周目が終わる(ネタバレ有り)

www.sekreto.net アニメーションの放送にあわせて?いつかやろうと思っていた2週目をプレイしました。 わたしは、家内のように完全コンプリートクリア達成などには、あまり興味なくできればストーリーをおっかけたいタイプです。 1週目終わっているので、能…

「ショージ君の青春記」を読んだ

ショージ君の青春記 (文春文庫 177-5) 作者: 東海林さだお 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1980/08/25 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 東海林さだおを愛してやまない先輩がいて、もし1冊だけ無人島に本を持っていくならこれやなぁと…

「俄 浪華遊侠伝」を読んだ

新装版 俄(上) 浪華遊侠伝 (講談社文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/06/15 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 16回 この商品を含むブログ (4件) を見る 新装版 俄(下) 浪華遊侠伝 (講談社文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メー…

ライブへいってロックスターに会った

ライブハウスにいくと、もぎりのところで、自分のチケットの相手がちぎっていくところに大きく英数字が書いてある(G20のような、具体的には忘れた)。 もぎりってる人から 「あ、商品は奥の部屋ですのでー」といわれ、 ライブハウスの横あたりから、奥の部…

「歳月」を読んだ

新装版 歳月(上) (講談社文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/09/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 新装版 歳月(下) (講談社文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/09/04 メディア: K…

「王城の護衛者」を読んだ

新装版 王城の護衛者 (講談社文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/09/14 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を含むブログ (14件) を見る 「王城の護衛者」……なんかそのままラノベのタイトルにもありそうで、なかなかイカスタイ…

銀歯が取れたら奥歯を抜かれた

右下一番奥の臼歯が前々からぐらついていて、ぬけるんじゃないかと思っていたのですが、なかなかぬけず、まぁ様子を見ながら生活をしておりました。 週末に娘のおにぎりせんべいを盗み喰いしたところ、ぽろっと銀歯がとれ、上図のような状態に。数日していつ…

「アームストロング砲」を読んだ

新装版 アームストロング砲 (講談社文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2004/12/14 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (20件) を見る ひきつづき司馬遼太郎の幕末短編物。暗殺に焦点をおいた「暗殺」とは異…

台風一過

銀杏の若い実が御堂筋の路上に落ちていました。銀杏の倒木はそこらにあり、今回の台風がいつもと違うことを感じます。 銀杏が折れるというと鶴岡八幡宮の大銀杏を想像します。 ふと検索してみると、折れた後に若芽がでてきたようで何よりです。 鶴岡八幡宮 |…

「花神」を読んだ

花神(上中下) 合本版 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/06/05 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 世に棲む日日の後、花神を読んでいたことを忘れていました。 天才、高杉晋作の後のお話で、主人公は異形の秀才、大村益…

「幕末」を読んだ

幕末 (文春文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/12/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る まだ幕末ムードが終わらない。 幕末に発生した暗殺にまつわる短編。 暗殺では事態は好転しない(桜田門外の変を除く)とあ…

「最後の将軍」を読んだ

新装版 最後の将軍 徳川慶喜 (文春文庫) 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1997/07/10 メディア: 文庫 購入: 7人 クリック: 25回 この商品を含むブログ (70件) を見る 読書はしばらく幕末気分がつづいているので、最後の将軍を読む。 慶…

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkIII を買いました

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkIII EZダブルズームキット ブラック 出版社/メーカー: オリンパス 発売日: 2017/09/15 メディア: エレクトロニクス この商品を含むブログを見る 写真はアップできていないのですが、旅行のお供に購入。 フィルム時代…

「世に棲む日日」を読んだ

合本 世に棲む日日(一)?(四)【文春e-Books】 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/12/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 歴史の勉強をさほどしていなかったので、長州征伐からの倒幕の立役者となった長州藩が不思…

お盆に労働して困ること

電話がかかってこなくて集中できるのですが、いかんせんオフィス街はランチをとるところが軒並み休みなのが辛いですね。 連日、コンビニで飲むヨーグルトとサンドウィッチ生活が続いております。

カメラを止めるな!を観たら思い出したこと

ネットでも話題になっていたのですが、関西ではいかんせん上映館が少なく、ようやく大規模上映館でも公開が始まったので観てきました。 ネタバレはしないたくないので内容についてのコメントは割愛します。 ただ、大型スクリーンの前方席しかとれなかった為…

甲子園の思い出

突然、甲子園で高校野球を見に行こうと親父にさそわれて行くことにした。 縁ももゆかりもない、都城高校の応援席だと覚えているが、対戦相手は覚えていない。 父もさほど野球に詳しいわけでもプレイヤーだったわけでもなく、なんか不思議な誘いだった。 当時…

燃えよというと

燃えよに続くことはば、わたし世代では、ドラゴンでも ペンでも剣でもマッチする気がする。 翔ぶが如くを読んだので続いて、燃えよ剣を読んだ。ちなみに最近は知り合いの本以外は、キンドルでしか買わなくなったので、流行本についぞ疎くなってしまっている…

翔ぶが如くを読了したので、西郷どんを観始めた

NHKの大河が始まる前に読もうと思っていたら半年経っていた。 合本 翔ぶが如く(一)?(十)【文春e-Books】 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/12/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 前半は、征韓論であれこれ議論…

ひげの剃り残しを確認する

他人の髭を剃る仕事をしている。 理容師ではないようで、電気カミソリでそっている。 一仕事終わり、髭の剃り残しチェックをする。 ここで気がつくが、そったのは自分ではないようで、その「他人」ぽい人がそったみたいだった。 見事に右顎の境目に剃り残し…

iPhone6の電池を換えてきた

iPhoneの電池がもたなくなったので、ジーニアスバーを予約して交換に行ってきました。 iPhone のバッテリーと電源 - Apple サポート 公式サイト 2018 年 12 月 31 日までの間、対象となる iPhone 6 以降のモデル (iPhone SE を含む) の保証対象外バッテリー…

スクール・オブ・ロックのベース

娘(4)がスクールオブロックに尋常じゃないぐらいはまっている。 たぶん、1話につき50回以上は観ている、 学校にもまだいっていないのに、こんなのがおもしろいんだなーと関心する。 www4.nhk.or.jp 娘は、登場人物の中で、とびきり、カイラが好きなよう…

自分の分にだけエビが入っていた

先輩の女性?っぽい人と昼食をとっているっぽい。 (おぼろげで自信がない) タイ料理のカオパット(チャーハン)のようなものを頼むと、大きなドーム型のチャーハンをふたつにきれいに割って、それぞれに給仕されてた。 対面の女性が「あ、せくれとさんのに…

メダカが☆になった話

スイレン鉢のメダカ(スーパーブラック×楊貴妃30)がたぶん、暑さで☆になりました。かわいそうなことをしてしまったのですが、こんなことは睡蓮やりだしてからはじめてです。 ちょっと日陰にかかっている鉢の白メダカは元気にやっていますので、体の強さなど…

トイレの夢

便秘気味ってわけでもないのに、トイレで大きいのをしている夢を見る。 便を済ませてみると、それが水洗便器のみずがたまっているゾーンにぴったりと上下に左から右へ一文字でつながっており、しかも全体に、まっかに一味をまぶしたようなブツがただよってい…

大阪北部地震に遭いました

地震のあった時間、2018年6月18日午前7時58分ごろ。わたしは京阪に乗っていて座りながら寝ぼけていました。突如として、怪獣に車両を掴まれて振り回されたような衝撃と一斉に鳴り出したアラートの音で目が冷めました。 窓の外を見ると、架線もぶんぶん揺れて…

ダンジョンメーカーやってます

なんつーか120日が超えられない……。 あと、遺物にろくなものがない……。 老眼(始まってきた!)に厳しい……。 それでも止め時が難しい……。

熱帯睡蓮の植え替えをした

まんま文字通りなんですけど。 昨年があまりにも多忙なので屋外越冬にしたら、とんでもない寒さで連日凍りつく日々。あぁ、これやってしまったかなーとおもっていたのですが、バルブを確認すると。 ・ハク・紫式部 あたりは元気いっぱいでした。やはりムカゴ…