sek plus+

保存食系ブログ

夢日記

ここで一句

夢の中で俳句を詠んでいた。 おわらない いつまでたっても おわらない 前後を覚えておらず、謎だけど、俳句ではないな……。 おわらない いつまでたっても 蝉時雨 少し直したけど、これもひどい。

絞殺されながら考察したこと

うとうと寝ていて、ふと気がついたら、誰かに首を両手でぐいぐいと締め付けられていることに気がついて目が覚めた。うわーと、気を失いそうになりながらも、何故か多幸感につつまれて心地よくもなってくる。決してクスリをキメているわけではなく、酸欠状態…

亀を甲羅から外す

すっぽんを食べようということになった。牛や豚、鳥も美味しいがやはりすっぽんにはかなわない。そこでちいさな亀(否すっぽん)を1匹捕まえてきて、甲羅に穴をあける。 亀を両手でがしっと掴んで、その穴に両手の親指をつっこみ「ぐっ」と押し込む。 そう…

朝礼が始まらない

朝の恒例行事、朝礼。 オフィスの関係者が集まり、軽く円になっている。 メンバーは全員揃っている。 しかし、朝礼が始まらない。 みんな「朝礼始まらないよね……」という雰囲気になっている。 その時、わたしが真実に気がつく。 「あ、司会がいないんだっ!…

バスの車窓から

バスに乗って出勤している。 ただしバスの車窓は大学へ向かうバスや見たことない風景や大阪に住んでた時の風景のようなまざった感じ。 いろいろバスのシーンがザッピングして行くなか、ふと 「トミタくんは、きちんと就職活動をして自分の将来を決めてえらい…

早起きは30分損した気分-そして知識と変容

ここんところ仕事が多忙で締め切りに追われているせいか、寝不足気味&風邪気味である。 普段から1時ぐらいに寝て、5時30分に起きる生活を長年繰り返しているので、深夜帰宅はそれほどこたえないが、朝の時間だけは貴重だ。 今朝も疲れが溜まっていたおかげ…

先輩が拡声器を持って梅田で一人デモをしていた話

大阪の梅田から福島か中之島あたりへ向かおうとすると、大きな交差点の反対側から、小脇にオレンジ色のアンプスピーカーをかかえたK氏さんマイクでがなっている。 内容は忘れたが、どうもこの世の中を憂いているようで必死に叫んでいるものの、周りの人は「…

ピンク色のワープロを納品する

東京の事務所で先輩っぽい女性社員とあわてて書類をまとめているわたし。 どうやらこれから、クライアントのところへ向かうまでに、少し場所を借りているようだ。 なんかもう時間がなくってやばいって時に、人事部の誰かがわたしが間借りしている机に「田中 …

雨漏りがひどい

旅館なのか自宅なのかアトリエなのか。 仮住まいの家なのか分からない。 起きると天井から雨漏りがしている。 うわー、えらいこっちゃと、天井板を外すとピトー管のようなくだから大量の水が流れ出ている。 あわてて、波板を組み合わせて雨樋のようなものを…

お花見列車、走る走る

電車に乗っている。 電車の車窓から外の風景を見ている。地元にとおりかかったところ、一面の桜吹雪で地面も真っ白(ほのかにピンク)になっている。というか、ほとんど視界が散って待っている花しかなく、まるで吹雪の中を走っているようである。山肌には巨…

仕事帰りに寿司屋へ行きて帰りし物語

仕事に帰りに住んでいるマンションの向かいにある寿司屋へ行く。 遅い昼食ぐらいの時間(14時ぐらい?)だけど、打合せかなにかを終えている感じ。 寿司屋は大将と女将さん、店員が1名ていどの個人でやっているお店。そこで握りを注文する。 しばらくして寿…

交通広告(あるいは野球場の広告)にレーザー的な何かを照射すると広告内容が変わる

なんか横並びのシートに座っていて、コードにつながっている水鉄砲的なものがおいてある。それを頭上にある、交通広告(駅にある大きな広告パネル)に照射すると、動的に内容が変化する。 広告と広告の間には、中に蛍光灯がはいってそうなプラスチックの社名…

段組み毎に編み掛けを行う

誌面のエディトリアルデザインが決まらず、 んーと悩んでいたところ、!ぴこーんとひらめく。 「そうだ、段組み毎に色の網掛けしたらいいじゃん」と思いつく。 「うわー、これめっちゃ見やすいやん!」 とひとりで満足したところで、最寄り駅にとうちゃーく…

六面柱のアンメルツヨコヨコがねじれている

何故かアンメルツヨコヨコのボトル容器が転がっている。 どうも自分でプロダクトデザインしたような感じで、 周囲には試作品が多数転がっている。

サウナの温度が低いとおばさんが文句を言っていた話

山小屋みたいなところの一角にサウナがある。 とはいえ、せいぜい3人ぐらいしか入れないような 半畳ぐらいの狭いスペース。 薄汚いコンクリートでつくられたサウナをよく見ると、 部屋の隅に穴が空いており、ここから蒸気がでている。 ああ、ここから熱っし…

姉がワニとともに滝壺へ飛び込んだ話

なんか、南米っぽいところで祭が行われている。 自然のウォータースライダー的な川に何人もの人が飛び込んでいる。 まつり的なイベントも盛り上がってきて、 いよいとメインイベントのワニと滝壺に飛び込む時間がやってくる。 そこで選ばれたのは姉でした。 …

同僚のエリックにICOCAを貸したら、エヴァンゲリオン限定版PiTaPaを別人から返された

同僚のエリック(金髪白人青年)に私のICOCAを貸して、ふたりで何処かへ行っている。 その帰り道、JR守山駅っぽいところの改札をくぐり、下りホームへ降りていこうとするときに、 「そーいや、エリックに貸していたICOCA返してもらわないと……」とぼんやりと…

AKB48と思いきや

番組制作のフロアディレクタをやっている。 制作進行をやっていて、番組収録もいよいよ終盤って時に、 ゲストが、AKB48じゃなくってモー娘。じゃん!! って気づく。

リクガメが売られている

なんか市場のようなところに リクガメが売られている。 ほむほむとながめている俺がへー●●リクガメじゃんとか 興味深そうに眺めている。 カメはどうにもならず、じっとしているが少し手先が動いているようだ。

足が焼ける

寂れた長屋があつまった町の裏路地。 手前にわたしともうひとり。 奥に女性ともうひとりが向き合っていてる。女性は両手でつかむようなやっとこなような器具を持っていて、 そのやっとこで、加熱された小さな金属のマンホールのようなものを持っている。 空…

豚肉を切る

どこかの学校っぽい施設の一室で大きな肉塊(豚肉っぽい)を カッティングしている。肉と肉の間はシュレッダーに突っ込まれたように 暖簾のようにびらびらしているが肉の厚さは5cmぐらいある。それを半分の薄さにしたりしてカットが終わると、 後ろの2段ス…

会議をする

知らない会議室で肘掛け椅子がずらっと並んだ中、 役員がプレゼンをおこなっている。 プレゼン台からはスチームが出ており、演者の喉がいたまないようになっている。 その仕組みに気がついた人から、「すごくいいね」という感想がでるが、 「今はどこもアレ…

寝過ごす

朝、出社時。 電車を寝過ごして、自分の知らないところまで来てしまう。 すごい、田舎(山にはさまれている感じ)の駅で目がさめて、 なぜか、ここではまだ降りない方がいいだろうと思いまた寝る。 (ターミナルまでいった方がはやいかなと思ったみたい) 次…

鍵盤のある机

オフィスでレイアウト変更をしている。 なぜか自分の机に鍵盤があり、朝礼の時に、 ドミソ・シレファと弾こうとするけど、うまく音がだせない。 なんか、焦る自分。

岐阜のローカル線

最新型の特急電車に長いことのって、地下の大きな駅につく。 そこから地上にでて、まわりでやっとついたーとか話している。 それをきいて「ここからが長いんや」としゃべりながら駅の路線図で説明する。 出鱈目な岐阜県の路線図の南部を横断するローカル線は…

カウンターでつばをはく

窓から海がみえるバー 海原 ともこ似のウエスタンな女がバーテンをやっている。 かべにはスズメバチの巣でできたような置物の上に、 同様の素材でできた馬がいなないている像がある。カウンターの大皿に肉料理があり、つれがつばをはきかける。 あぁ、ここに…

サルの脳をいただく

なんかレストランでみんながサルの脳みそをたべている。 脳みそは白っぽく、鱈のクモの子のようで、所々に血管や血液がついていて妙にリアルだった。好んでまでたべようとは思わない私だったが、スプーンですくってたべている。 なんか大人のたしなみでたべ…

市民ホールでライブ

市民ホールみたいなところでミッシェルガンエレファントのライブへ行く。 参加者はあっちゃん、かなちゃん他8名ほど。でもあっちゃん以外はまだきていない。自由席みたいになっていて残りの分の席取りもする。小さい座布団があって、腰にうまくあたらず、い…

バストリップ

まばらな乗客のバスの前を、ショベルカーを積んだトラックが走る。なんとなく不安な空気でみたされるバスの中、これはバスごと穴をほって埋められに行くことに気づく。どんどんすすむバスに乗っていることが怖くなり、仲間とともに、ガラスのカバーをたたき…