sek plus+

保存食系ブログ

思い出話

五山送り火について、あるいは大文字焼きという踏み絵

今日、8月16日は京都では「五山送り火(ござんのおくりび)」ですので、暮れてからも多くの人で市中が賑わうと思います。 京都では「五山送り火」と正しく呼ばれていますが、これが不思議なことに大阪に行くと「大文字焼き」と誤って呼ばれています。 こ…

日に日に人が減っている

日本の人口ではなく電車乗っている人ですけど。 わたしがお盆休みとかとくにない仕事環境だもんで、こういったところに季節を感じるようになります。 お盆といえば、子どもの頃は地蔵盆というのが関西にはありまして、子どもが集まり、お菓子がもらえたりす…

夏の思い出、あるいはリアル脱出ゲーム

今週のお題「ちょっとコワい話」 ・・・ ちょっとコワい話かどーか怪しいけど、わたしが怖い思いをした話をひとつ。 わたしの母も父も生まれがお寺なもんで、夏はよくお寺ですごしておりました。 ある暑い夏の年の夏休みもそんな感じで、母と母の実家(お寺…

自分を出すのが気恥ずかしいのかもしれない

幼き時、親が決めた服を着るがものすごく嫌だったわたしは、三つ子の魂なんとやらで、その性格は未だに抜けていないようだ。 そのくせ妙に慎重というかけちというか、できれば同じものを長く着たいし、家電でも新しものを買い替えていくよりも、長くつかって…

東下り、そして品川の思い出

先日、急遽東京へ行くことになったのですが、降車駅が東京よりも品川駅の方が多くなったように思います。 kenplatz.nikkeibp.co.jp 品川駅西口はあいかわらずの地方都市の駅前の様相ですが、上記記事によると大きく変わるようで、リニア新駅もできることから…

テストでテストにならないようにした話

今週のお題「テスト」 ・・・ 学生時代、ただでさえテストから逃げていたわたしですが、社会人になるとますますテストなるものを受けなくなりました。とはいえ、社会人でもたまにテストを行うことがあります。試掘とか試走とか、システムの仮アップとか、花…

蓼食う虫

週末に大好きな鮎(養殖の安いもの)を食べました。 塩焼きにして食べたのですが、やはり蓼酢をかけていただきました。蓼って、鮎の塩焼きにぐらいしか使いみちを知らないのですが、世の中には蓼農家というものがあるのだろうかとふと思いました。蓼食う虫も…

一番古い記憶はなんですか

とりとめのない話です。 昔、赤瀬川源平の老人力かなにかを読んだ時に、このなんでもない日をいつまで覚えてられるかと中学生ぐらいの時に決めたそうで、それを老人になっても覚えているという話が好きでわたしもこのエピソードをいつまでも覚えていられるか…

描きづらいマウス

夢日記の記録をつける際に、いつも落書きを描いているのですが、これがまた描きにくいわ描きにくいわ、なんぞこれとおもって、ふと裏面を見たら、レーザー穴?が左端に寄っていることに気がつきました。どおりで描きにくいはずだ。 もちろん、普通にマウスと…

ガンジーに会いに行く

今週のお題「私の沼」 ・・・ たまにはお題スロットの話題もいいのかなーと思い。(たまにはというか、こういう機能があることを今気がついた)わたしが小さかった時のお話。小学校の近くに魚がよく釣れる池というか沼がありました。友達は時々そこで釣りを…

カールを買う(そしてカールの思い出)

スーパーへ行った時にふと「カールが東日本で販売されなくなる」ことを思い出しました。そういえば、わたしもカールを最後に食べたのはたぶん、ん10年以上前じゃないかと思います。いつの間にか食べなくなるおやつの一つですよね。カールは背面?の粉がつい…

ダチョウがツルになった話

また鳥のエピソード。 先日、むすめちゃんと京都市動物園に行った時のこと。この動物園は東エリアの果てに鳥エリアがありまして、そこにエミューやら、ツルやら、孔雀やら、少し離れたところにフクロウがいたします。 「ヘビ」や「ワニ」などの爬虫類LOVEの…

時代は過ぎ去らないと羨ましがられないような気がする

anond.hatelabo.jp 今の若い人にとってそんな思いもあるのかとちょっと驚いた。 わたしにとっての安保闘争世代がうらやましいとか、ウッドストックに行きたかったとかハイレッド・センターと同時代に生きたかったとか、そんなかなーとも思い。 ・・・ 1995年…