sek plus+

保存食系ブログ

近代化産業遺跡 松本酒造の酒蔵へ行ってきました(京都市伏見区)


桃の滴で有名な松本酒造さんの酒蔵見学に行ってきました。
有名な八角形の煉瓦作りの煙突は「伏見の日本酒醸造関連遺産」として
平成19年に経済産業省の近代化産業遺産に認定されたそうです。
(wikiより引用)


こちらの蔵は大正時代のもの。
創業から218年で、江戸時代から続く酒蔵は3つしかないとのこと。
焼酎などには手をださず日本酒一本でがんばっていくと力強い言葉でした。


淀大根いただきました。
淀大根って?って思っていたのですが、聖護院大根と同じだそうです。
おあげさんともども、おいしかったです。


天引の初しぼりと、通年販売の天引をいただきました。
初しぼりはたれ口とのことで、ちょっと雑味がありおもしろく、
天引はとてもクリアな味で飲み比べできたのは本当に幸運でした。

ちょっと、なやんだのですが、初しぼりを2本いただいて帰りました。


ところで、いただいた桃の滴の酒粕で粕汁を作りました。
とても香り高くおいしゅうございました。


松本酒造

www.momonoshizuku.com