sek plus+

保存食系ブログ

iPhoneの容量不足を改善できる方法

iPhoneを長らくつかっていると容量不足になる時があります。

わたしは普段128GのiPhone6を使っていているのですが、そんなにつかっていないのに容量不足のアラートがでて「えっ?」と思うことがありました。

 

このあたりの解決方法があんまり検索しても出てこなかったの記録で残しておきます。

 

★1.使用容量の確認

設定>一般>使用状況>ストレージ>ストレージを管理

 

ここで各アプリのストレージ使用状況が分かります。

 

f:id:sekreto:20160107204838p:plain

 

わたしの場合、Ingressが20G、SmartNewsが15Gぐらい容量を食っていました。

 ※ 画像がリセット後なので、すでに減っています。

 

★2.アプリを削除

調べると、Ingressはポータルの画像を、SmartNewsも画像をキャッシュで保持するとのことでした。

iPhoneの各アプリはキャッシュ削除が出来ないので、アプリ毎消します。

 

★3.アプリを再インストール・再設定

削除したらあらためてApp Storeからアプリをダウンロードします。

設定がデフォルトにリセットされるので、再設定してください。

(ここは面倒なところ)

 

それから★1の手順で容量を確認してください。

劇的に改善されている……といいですね。

 

 

というわけで、キャッシュをためるアプリを使っている方には有効かもしれない方法でした。