sek plus+

保存食系ブログ

iPhone6の画面が割れて、バッテリーがもたなくなってきたので修理した

iPhone6が発売されて2年やそこら。

 

はい、iPhone4の時にもやらかしたのですが、

買って速攻で落として画面をバッキバキにわっちゃいました。

 

人からは「なんでアップルケアに入らないの?」と呪いのようにいわれ続けましたが、2年間我慢して使い続けてきました。

 

ところが、バッテリーの持ちが悪くなり、ちょっともう無理状態に。

100%あっても、60%ぐらいにすぐになり、30%から電源が落ちるようなことが頻繁に起こりました。

また、充電すると0%から25%ぐらいに一気にあがります。

このあたりぐぐってみると、たくさん検索にひっかかってきました。

どうもiPhone6特有?のバッテリーが急激に悪くなる現象のようです。

 

ジーニアスバーへ予約する

以前、修理はApple 正規サービスプロバイダにお願いしましたが、

Apple Store心斎橋でお願いしてみることにしました。

予約はサイトからできるのですぐに終わります。

support.apple.com

朝なんかすごい行列が出来ている……

予約日にApple Storeへ行ってきました。

予約時間は開店時間と同じ10時。深い意味があったわけではなく、一番修理がはやければ、すぐに終わるかなといった浅い考えでした。

 

それで、行ってきたわけですが、なんかすごい行列ができていて、ジーニアスバーのお兄ちゃんたちが何用か聞いているんですよね。

これらの方々はほぼほぼ急に修理に来た方ばかりでした。

 

というわけで、予約があることを伝えると、開店と同時に入店、一番に受け付けてもらいえました。一安心。

 

診断はすぐに終わる

iPhone6を担当のお兄ちゃんにわたすと、iPadにつながれて、免責事項の説明を受けながらもパコパコと診断してくれます。

診断ツールの結果をグラフでみせてくれるのですが、結論的にバッテリーは1,000回以上の充電回数があるものは、バッテリーの劣化ということで、要交換(交換することで改善できる)という診断でした。

 

修理もすぐに終わった

じゃ、修理をよろしくーとバーのお兄ちゃんに渡したところ、修理は50分程度だという。

めっちゃ速いじゃないか。心斎橋でコーヒーを飲んでピックアップして帰りました。

 

修理代金

 

修理代ですが、

・画面代が、12,800円

・バッテリー交換が、7,800円

・税込みで、計22,248円でした。

 

結論

  • バッテリーがもたなくなった人は診断してもらいにApple Storeに行くがよろし。
  • 充電1,000回オーバーならバッテリーの寿命
  • 朝一の修理なら受取まで1時間程度!
  • ジーニアスバーのお兄ちゃん優秀(説明が上手)