sek plus+

保存食系ブログ

ゴミが捨てられない町内

お昼休みに後輩に誘われたので、ランチへ行った。

 

「最近、困っていることあるんすよねー。」と高橋

『ん、めずらしいじゃん。何?子供のこと?』

 

「それもまぁあることはあるんですけど、家のゴミのことでして。」

『ゴミ?ゴミがどうしたの?分別が細かくなったから面倒とか?』

 

「いや、まぁそれもあることはあるんですけど、近所に住んでる町内会長さんがやたらうるさくって。」

『ゴミに?夜中に捨てるなとか?』

 

「それもまぁツッコミもらうんですけど、出したゴミを朝一チェックしているんですよ。定年後、やることがなくっていつもゴミパトロールしているんです。」

『会長が?』

 

「そう、会長が。今や町内会長というよりもゴミのご意見番って感じですから。」

『きちんと仕分けていたら問題ないんじゃないの?』

 

「まぁね、仕分けていてないと大変ですけど、仕分けていても大変なんですよ

これは、まだ使えます。とか、言ってくるんですよ。」

『それは面倒だね。』

 

「おかげで、捨てきれないフライパンが家に溜まってきましてね、昨日数えたら6個もありまして、さて困ったなーと。」

『捨てると怒られるんだ。』

 

「そうなんですよ。いちいち言ってくるんですよ。あれはまだつかえますって。」

『年寄りを相手にするのは面倒だね、会長の奥さんに文句言ったら?』

 

「それが昨年末に、奥さんに愛想つかされて、捨てられちゃったんですよね。」