sek plus+

保存食系ブログ

2nd プレミアム

f:id:sekreto:20170331192144p:plain

プレミアムフライデーが2回目だという。

そう言われて、ああ、そう言えばそんなのあったねという感じで、

世間では「期末」「月末」「週末」の「繁忙3重苦」で誰も気にしていないどころか、

「月末金曜日に設定したセンスの無さ」を嘆き苦しんでいる。

 

かつてヘレン・ケラーは、

「みんながみんなのために働く、それがほんとうの愛国心」

と語ったそうだけど、わたしは自分が破った仕事の締め切りに追われて、

朝から労働にいそしんでいた。

 

そんな繁忙の朝が過ぎ、気がついたらランチタイムになっていた。

しかも、午後の打合せまで、あまり時間がない。

じわりと陰鬱な気分におそわれる。

 

とはいえ、お腹も空いているので、いつもの洋食屋へ

ハンバーグを食べに行った。

 

注文すると同時に、若いOL2人組がやってきた。

 

「そういえばさ、今日、本当は午後から休みなんでしょー」

と先輩風の女性。

 

『本当、やになりますよね。ミレ二アムサンデー』

「サンデーはもともと休みだし、千年に1回じゃありがたみないし」

『ほんじゃ、今日は牡蠣フライにしようかな』

「ダイエットやめたの?」

『今日は、プレミアムなフライデーですからね』

 

それを盗み聞きしていたわたしは、

彼女らの軽快な口調に、午後からの仕事はちょっと楽しい気分で労働できた。

 

 

しばらくすると上司から夜の打ち合わせに参加するようメールがきた。

プレミアムレス。