sek plus+

保存食系ブログ

熱帯睡蓮の植え替えについて

随分とあたたかくなったので、いつもはゴールデンウィーク中に行っている熱帯睡蓮の植え替えを少しだけ行いました

 

最近は越冬も手抜きで、ムカゴ種は屋外越冬にしています。

栽培しいてるドーベニア(ドーベン)、ムラサキシキブ、ミロク、ハクあたりは関西だと問題なく越冬できそうな感じです。

 

f:id:sekreto:20170423160548j:plain

ハクはミニ仕立てにしようと思い、育苗用の小さいポットにしました。

土も荒木田土をそのまま、底にマグァンプ的な固形肥料を2つぶいれています。

土は昔は練っていたのですが、練っても練らなくてもたいして変わらないように思えるので、練らずにそのままバルブ(球根)をinしています。

土が大粒であっても水中にいれると土が均等になるので、あんまりかんがえなくっても大丈夫な気がします。

 

f:id:sekreto:20170423160851j:plain

鉢もみがいてみました。

 

f:id:sekreto:20170423161022j:plain

ぽちゃんとおとしてこの通り。

もう水中葉はでていましたが、花芽がつくまではもう少しかかりそうです。