sek plus+

保存食系ブログ

お花見列車、走る走る

f:id:sekreto:20170501201233p:plain

 

電車に乗っている。

電車の車窓から外の風景を見ている。

地元にとおりかかったところ、一面の桜吹雪で地面も真っ白(ほのかにピンク)になっている。というか、ほとんど視界が散って待っている花しかなく、まるで吹雪の中を走っているようである。

山肌には巨大な人工の花が多数つけられていて、これまた一面が花世界になっている。

 

トンネルが近づいてきた。
トンネルの入り口の上にも人工の花が複数つけられていて、さすが、こういったところが地元は最高なんよね!と一人、納得して、少し興奮している。

 

しかし、人工の花がよく見えた時、よくよくみるとシャビーな出来だった。

でも遠目でならんでいるのを見ると、そこそこの光景になるなーと何故か関心している。