sek plus+

保存食系ブログ

お風呂場で眠ると危ない聞く

お風呂の湯船に横たわり、両目をそっと閉じる。

心地よい感触につつまれ、そしてしばらくすると、

誰かがわたしの足首をつかむ。

 

ぐいっ、ぐいっと引っ張られると少し怖くなり、

かるーく目をあけるとすーっと手は消えていく。

 

片目をつぶっても、引きずり込む手は出てこない。

引っ張られるには両目をつぶるしかなく、従って誰がひっぱているのかは分からない。

 

なんとなく、自分の最期は溺死かなーと思っている。