sek plus+

保存食系ブログ

京都には期間限定カフェならぬ井戸がある

御手洗井のことです。毎年、祇園祭の7月15日~24日(宵々山から還幸祭)の期間、一般公開されています。

f:id:sekreto:20170719225634j:plain

場所は京都の中心部、烏丸四条(錦通より少し北、東側)のビルとビルの間にあります。

この地には、かつて祇園御旅所があり、祭られている牛頭(ごず)天皇に、毎日この井戸の水を霊水として供えていたという。一五六八(永禄十一)年に御旅所を移転させた織田信長も、水質が良いため、祇園祭の間は井戸を開放させたとされる。

http://www.kyoto-np.co.jp/info/sightseeing/mukasikatari/080314.html

 

f:id:sekreto:20170719225820j:plain

 せっかくなので、はいってみて飲んでみました。さすがに日中暑いせいか、あんまり冷たくなかったです。ちなみに

地下鉄東西線の工事で一度水脈が途絶えたという。新たにボーリングをして、井戸は復活した。

http://www.kyoto-np.co.jp/info/sightseeing/mukasikatari/080314.html

 

ということだそうです。東西線の前に烏丸線が真下を通っているのですが、それは大丈夫だったのでしょうか……。

 

ちなみに、

f:id:sekreto:20170719225856j:plain

こーんなビルの隙間にあります。