sek plus+

保存食系ブログ

口内炎が治らない

夏から予想外の繁忙につぐ繁忙でようやく連休だったこの週末。

休みなので久しぶりにいったスーパー銭湯の炭酸泉は炭酸濃度が薄くて泡立たない。

あぁ、こういう時ってなにやってもしっくりこないもんだなーって思っていたのですが、

ながいつきあいで忘れかけていたけど、ここんところ3週間ちかくにわたって、

できていた口内炎が治らない。というか日に日に広がっていく。

定点観測の写真でもとっておけばよかったけど、

日に日に広がっていく口内炎に興味があるって人は、一般人はもとより、

臨床的にも興味をもつひともいなさそうで、撮っていたとしてもアップロードはやめておく(1枚だけ撮影した)。

 

今回できた口内炎は、唇の裏側なんだけど、これが唇の裏すべてが黄色い口内炎で

うめつくされたら、きっと口内炎がないところが普通になるんだろうなぁとか

くだらないことをサウナ室と水風呂に交互にはいりながら考えていた。

 

というようなことが週末まであったけど、どうも今朝から具合が収束にむかっていっている気がする。

意味なさそうな気がしたけど、チョコラBBをのみつづけたおかげかもしれないし、

単に連休が取れたので、疲れが少しは取れたのかもしれない。

 

そういえば、小さい頃は、口内炎ができるのがおもしろくって、

歯でガリガリできるところであれば、ひたすらガリガリして、血をにじませて遊んでいた。

字面で見ると、あほそのものだけど、なぜかそういう自虐的な遊びが好きだった。

ついでに、指先のさかむけも、どこまでむけるか試してみたり

(これは第一関節のシワをこえることは不可能ということを学んだ)、

化膿すれば自分で切開、排膿するのが好きだった。

 

自分の身体に起こる変化というものが面白かったのかもしれないが、

この歳になっても癖はなおらないもので、こればかりはどうしようもないなーとも

思ったりした週末でした。