sek plus+

保存食系ブログ

森博嗣「道なき未知」を読んだ

道なき未知 Uncharted Unknown (ワニの本)

道なき未知 Uncharted Unknown (ワニの本)

 

 

 あんまり森博嗣の小説は読んでなくって、MORIログアカデミーとか変なのだけ全部よんでいる私。

エッセイもわりとすきなので買ってみました。これは新社会人向けにかかれた連作+アルファを集めたものなので、わりと教育的にかかれており、いろいろ作家人生や大学教員時代の文句を垂れ流しつつも、そのあたりは、さすがに元教育者だなーと関心。

 

これを読んで、自分のやりたいことと収入と時間の確保という人生設計をし、実行していく森博嗣に感服するとともに、自分のやりたいことってなんだっけ?と考えさせられました。

 

ほんと、なんかこれからの人生の目標ってなんなんだろーと、今年は考えてみようかと思いました。

 

最後に引用。

人生も、あなたが生まれて、あなたが生きているのは、世界で唯一の条件であって、過去にあなたが生きた例はない。誰も研究していないし、どこにも発表されていない。人生とは、フロンティアなのだ。 あなたの生き方は、あなた自身が研究し、あなたの仮説をあなたが試してみるしかない。自分の仮説を信じて進み、駄目ならば、仮説構築からやり直す。この繰り返しこそが、「生きる」ということなのである。