sek plus+

保存食系ブログ

カメラを止めるな!を観たら思い出したこと

ネットでも話題になっていたのですが、関西ではいかんせん上映館が少なく、ようやく大規模上映館でも公開が始まったので観てきました。

ネタバレはしないたくないので内容についてのコメントは割愛します。

ただ、大型スクリーンの前方席しかとれなかった為、とてつもなくカメラ酔いをしてしまい、一晩たってもまだ気分が悪いです。人によっては酔うってぐらいの情報は仕入れてから観に行けばよかったと公開してから後悔しています。

ぐぐると同じような人が結構いますね。

 

kametome.net

 

ここからはどうでもいい話。

 

映画を観てふと思い出したのが、大学の映像制作実習(グループ制作)でした。
N岡くんが模造肉に手を突っ込んで、抜き取り、血まみれの手を映すみたいななんか、よーわからん映像でした。
血糊をたくさんつくっていて、N岡だったか、M田だったが、大学の映像を撮っている先輩が、血糊は赤い絵の具にインスタントコーヒーを混ぜるとそれらしくなるという誰得のハックを語っていて、それに従い血糊を作ってました。
そのなんかよくわからん映像のBGMは確か灰野敬二(か、ノイズ系の作品)を使っていて、これはわたしの影響だったと思います。
大学の池のほとりで、レフ板あてなかがら、模造肉に手をパーで突っ込んで、グーで引っこ抜いて、それをじわりと開くという、たぶん30秒程度じゃないかなと思います。それでも、カメラ、レフ板、音響、模造肉持つ人、突っ込む人と6人ぐらいいたかなー。
映画の影響で、とーとつに思い出したんじゃないかなと思います。