sek plus+

保存食系ブログ

「世に棲む日日」を読んだ

 

合本 世に棲む日日(一)?(四)【文春e-Books】

合本 世に棲む日日(一)?(四)【文春e-Books】

 

 

歴史の勉強をさほどしていなかったので、長州征伐からの倒幕の立役者となった長州藩が不思議でした。
あとは、吉田松陰の薄いような濃いような存在感と天才・高杉晋作がなぜ天才なのかといったところでしょうか。

 

高杉晋作は龍馬伝の伊勢谷友介がなかなか格好よかったですね。三味線弾いていて、ほんまかいなみたいな。

 

この小説はジョジョみたいに主人公が代替わりをして、前半に吉田松陰、後半に高杉晋作と変わります。
そのため、さっき言ったような、その辺の疑問が全て解決したので、個人的に満足度高いです。幕末の人間でいうと、高杉晋作が圧倒的に好きになりました。
というのと、ついでに詩の能力が欲しくなります。

 

山口は仕事でたまにいくのですが、萩方面はまったくなので、行ってみたくなりましたね。そのうちに。

 

司馬作品の中では尻すぼみ感がなく満足度高いです。