sek plus+

保存食系ブログ

「幕末」を読んだ

 

幕末 (文春文庫)

幕末 (文春文庫)

 

 

まだ幕末ムードが終わらない。

幕末に発生した暗殺にまつわる短編。

暗殺では事態は好転しない(桜田門外の変を除く)とあるが、究極のけりのつけかたである「暗殺」にいたった男たちが、どのようにとりつかれ、狂気と思い込みを抱え、追い込まれたが面白い。

基本的に暗殺側が悪人ではあるが、伊藤博文なんて総理大臣やってるし、歴史なんて勝てば官軍よねとおもう。

読了後、わたしはどうも悪人が好きなんだなと思った。

 

 

 

はて、わたしが暗殺までに到れるほど人を憎めるかなーというと、どうだろう。