sek plus+

保存食系ブログ

「俄 浪華遊侠伝」を読んだ

 

新装版 俄(上) 浪華遊侠伝 (講談社文庫)

新装版 俄(上) 浪華遊侠伝 (講談社文庫)

 
新装版 俄(下) 浪華遊侠伝 (講談社文庫)

新装版 俄(下) 浪華遊侠伝 (講談社文庫)

 

 

あいかわらずの司馬遼太郎幕末物。

といっても、薩長ではなく、大坂の一種の変人である明石屋万吉のお話。

 

演目になっていることもあり、全編通して芝居がかったお話が続く。

命を売り物に、人の頼まれごとを嫌と言えない正確の親分。

幕末の動乱の中、町人の町大坂の出来事が舞台で観ているかのように展開されていくのが面白かったです。

 

幕末の小説を読んでいて、大坂がどないなってたんか気にはなっていたんですよね。

そういったことも(脚色はあるにしろ)理解が進みます。