sek****

sekreto internacionalo

映画「THE BATMAN ザ・バットマン」を観た

wwws.warnerbros.co.jp

 

赤と黒のロゴがはじまってすぐにどーんと登場で気分があがる。

キャットウーマンは誰かとおもったらレニークラヴィッツの娘さんだった。同性愛者という設定があったような、反故されたような、なんか宙ぶらりんな印象であった。

 

ブルース・ウェインはTENETの人だった。鼻が曲がっているのが気になったが、NETをみると、やはり彼のそこが気になる人がちらほら。整形のなれの果てときいて、なるほどとちょっと納得も

 

カートコバーンみある感じは意図的にカートやニルバーナっぽくしたそうで、まんまそんな感じだったなと。音楽もボーカルがある曲はグランジっぽくもあったような気がする。

 

話はミステリィというか、フィルム・ノワールであった。敵のリドラーといい、これはうまくはまっていたように思う。

 

最後、刑務所のシーン、いひひひと笑っているのが、ジョーカーだったようで、なるほどって感じの次回へのヒキでした。

 

結論:おもしろかったけど、3時間でお尻が痛かった!