sekreto

sekreto internacionalo

また入院している

人生3回目、2年ぶりです。

コロナではなく、人間ドックで、内臓に良性だけど腫瘍がみつかったとのことでとったほうがいいということで2年ぐらい経過観察をしていたのですが、急に大きくなってきたこともあり取ることに。ただし、病理検査をしないことには腫瘍がなにかは特定できません。

 

前回の手術の時(骨折でプレートつける、はずす)は、入院しつつ車椅子で割と自由に買い物とか院内カフェでコーヒーが飲めたんですが、今回はまったく病室からでられなくなっており、びっくり。

 

これ、いざ身動きできなくなるとほんとうに退屈で困りますね。

事前に手配した無制限SIM Wi-Fiルータが無かったら詰んでました。それでも術後は気分が悪くてネットの気分では無かったのですが。

 

それにしてもロボット支援手術したのですが、輸血なしで、翌日から歩かされました。聞けば80代の手術は当たり前になってきたとのことです。そういえば80代後半の父も膀胱を全摘出したのに、元気でやっています。

これは本当に恐ろしい時代になっていたなと、生き方とかむしろ死に方を考えながらぼんやりしています。