sekreto

sekreto internacionalo

縫合したところが開いてくる

縫合したところがどうにも開いてくる。

足の時もひっつきにくかったので体質かもしれないが、

なかなかやっかいで、

 

担当医はあまりきにしていないものの、別途かよっている皮膚科の専門医の先生にみせたら放置はありえなく、壊死するかもとのこと。怖すぎる。

 

したがって、そこで治療してもらうことに。画像はグロすぎて掲載は自重。

その色あいを見て、同級生のFくんが、膿を表現したくて、膿色の研究をしていたことをふと思い出した。

やつは20年前に交通事故で死んだんだよね。R.I.P.