sekreto

sekreto internacionalo

はらの糸

f:id:sekreto:20220914082340j:image

 

縫合したところがあいかわらずぱっくりあいているので週3で病院でみてもらっている。

6箇所縫合したうち、4箇所はひっついたので、あと2箇所。

うち1箇所から糸がでてきた。

これがあると塞がりにくいと説明を受ける。

なるほどそういうものかと思って、うひーっとおもっていると、

とれました!とのこと。

どうやらピンセットって縫った糸を取り出したようだ。

これはこれで、当然だが、うっすらと切り口が開いたように思える。どうなるやら。

 

もうひとつ、センターに手に負えないほどひらいているところがあって、

ちょっとかゆくなってきたといったら、いつもの薬ではなく、

イソジンシュガーパスタ軟膏をつかってみようとのこと。

 

色からして凶悪なこいつは、文字通り砂糖とイソジンがふくまれている軟膏で

たべたらどんな味がするのかと思いながら塗られていた。

 

痛い・・・・・・とてつもなく痛い。先生におもわず、

信じられないぐらい痛いですと言ってしまったが、その甲斐あってか、すぐに洗い落とされた。

洗浄されてもジンジン痛い、そうかイソジンだもんな。

 

しかし褥瘡の薬のようだけど、これ、塗られた耐えられる患者はいるのかしら。

 

medical.nikkeibp.co.jp