sek****

sekreto internacionalo

「黒牢城」を読んだ

 

 

ようやく図書館で貸し出し中になったので、さくっとかりてきました。

失礼ながら米澤穂信が歴史小説(のミステリ)をこんなに書けるととはおもっていもいなかったのですが、荒木村重にとらわれた、黒田官兵衛というシチュエーションを利用しての安楽椅子探偵もの(だけど敵対している)というだけで面白くないわけがない。

 

荒木村重がかなりスマートに描かれていただけに、城からでるところの背景として官兵衛がかんでいるのは面白くおもったが、もう一工夫あればなとも思ったり。